【レビュー】改訂4版 図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説/きたみ りゅうじ 著

図解でよくわかるネットワークの重要用語解説

改訂4版 図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説

大学にてきたみ りゅうじさんが書かれた、こちらの本を使って勉強をしたので、
この本を読んで感じたこと、いい点、悪い点をレビューしていきたいと思います。

ちなみに、僕は情報系大学生であることを前提に話していますので個人の感想として参考にしていただければと思います。

この本の個人的な評価

この本は、わかりやすく、いい点と悪い点、というより対象者がはっきり分かれている本になっていると思います。

先ほども言った通り、僕は情報系学生としてある程度のネットワークについての予備知識がある中で勉強を進めていきました。

その上で感じたことを書いていきたいと思います。

この本の良いところ

まずは、この本を読んで『これはいい!』と感じたことを書いていきたいと思います。

本当に『図解でよくわかる』!

こちらの本のタイトルにもなっています、
『図解でよくわかる』
という文言ですが、その言葉通り、図解を用いた説明が何よりわかりやすいです。

図解を用いることで、ネットワークの分野の知識に疎い人でも、ビジュアルで理解することができるため、とっつきやすく、挫折せずに勉強を進めていけるでしょう。

特に、ネットワークやコンピュータの世界というのは実態がない技術が多いので、
それらを図解を用いて説明することで、より直感的に理解することができます。

ページ構成がとてもわかりやすい!

参考書の中には、文章を中心として全体を読み通すことで理解していく形の参考書も多いと思います。

例えば、
『この技術については後ほどのページで紹介するので深く考えなくても問題ありません。』
と言ったような文章を見たことはありませんか。

このような構成の場合、最後まで読み解かないと理解まで進めないことが多く、
その部分を読む前に挫折してしまった場合、理解まで至らないと思います。

しかし、この参考書では、タイトルの
『重要用語解説』という言葉にもある通り、
重要語句をページの見出しとして、掘り下げて説明されています。

ただ、このような説明を聞くと、
『重要語句を覚えるだけでは他の用語との関連性を覚えることができないのではないか』
と感じる人もいると思います。

しかしそれを心配することはありません。

カテゴリ分けが最適!

重要語句を覚えることだけに集中するのではなく、
重要語句が適切なカテゴリに配置されているので、ネットワークの仕組みの全体像も把握しながら勉強を進めていくことができます。

また、理解が簡単なものから紹介されている印象です。

さらに、たとえ、まだ説明されていない語句が文章中にあったとしても、
ページの下に関連語句とページ番号がまとめられているので、ピンポイントで勉強することも可能です。

このようにわかりやすく、挫折しにくく構成されているこちらの本ですが、いくつか弱点になりうる要素を感じましたので紹介したいと思います。

この本の弱点

先ほどまでは、良いところを徹底的に紹介していきましたが、僕が感じたいくつかの弱点も紹介していきたいと思います。

説明が簡素

『わかりやすい』
ということを中心に作られている本なので、説明が比較的簡素なものになっています。

重要語句の深い部分にまではフォーカスされていないため、
ネットワークのスペシャリストになりたいという人にはあまり向いていないかもしれません。

説明に関しては、図解に任せている部分も多く、じっくり文字を読んで理解できるという人はもう少し発展的な参考書を探して見てもいいかもしれません。

逆に言えば、こちらの参考書は、『初心者に向いている』と言ってもいいかもしれません。

情報が遅れている可能性がある

僕自身、この本を現場でも活動している先生から教わったのですが、その先生曰く、
現在の主流と少し異なる部分があるそうです。

僕自身、現場で働いている訳ではないのではっきりとしたことは言えませんが、
情報社会というのは絶えず進化し続けている分野です。

そのため、新しい情報というのはそれだけで価値があると言ってもいいでしょう。

そうなってくると、参考書は頻繁に改訂版を出版していく必要があります。

なので、参考書選びは発行日も気にすることも重要でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

しっかりとまとめるとこのようなことが言えると僕は感じています。

  • とにかくわかりやすい
  • わかりやすいけど詳細は書かれていない
  • ITに詳しくない初心者向け
  • 参考書探しは発行日も気にするべし

ただ、僕の総評としては
この本はとてもいい本だと評価します。

というのも、今はインターネットがあればいくらでも検索できる時代になっています。

本格的な内容を得ようとすると、現場で経験したり専門家から聞かないとわからないことはありますが、この本の内容程度であれば検索すれば詳細が調べられます。

そのため、この本が勉強をするきっかけとなり、挫折しない勉強を与えてくれます

なので、これからネットワークを勉強したいという学生や、ITの知識をつけたいという方は一度読んでみるといいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA