【もう戻れない】デュアルモニターでゲームをするメリットとデメリット

デュアルモニター

デュアルモニターでゲームをしよう

最近、PCでゲームをすることが流行ってきていますね。ゲーム実況者もPCゲームを前提にプレイをしていることも多く、それに影響されてゲーミングPCを購入したという方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事ではゲーミングPCでゲームをプレイしている人に向けて、デュアルモニターでゲームをする快適さを具体的にお話ししていこうと思います。

加えて、デュアルモニターのデメリットもいくつか存在するので、購入前の参考にしていただければと思います。

筆者のモニター環境

デュアルモニターのメリット

まず、デュアルモニターの活用事例をご紹介したいと思います。

  • Discordなどの通話アプリを表示したままプレイできる
  • YouTubeやTwitchなどで動画や配信を見ながらゲームをプレイできる
  • 攻略情報を見ながらゲームをプレイできる

通話しながらゲームをする

最近はPCゲームのプレイヤー人口も増えてきて、フレンドと通話をしながらゲームをプレイする人も増えてきたのではないでしょうか?

シングルモニターだとミュートや音量の調整などの操作をするときにゲームの画面を離れて操作しなくてはいけませんが、デュアルモニターにした場合、サブモニターに通話画面を開いておけば、ゲーム画面を閉じることなく通話の管理ができます。

親フラや宅配便にもすぐに対応できますね。

動画や配信を見ながらゲームをする

ゲームが大好きな人は、実況者の生配信や動画を見ながらゲームをプレイしたいという人も多いのではないでしょうか?スマホでYouTubeを開きながら、PCでゲームをしている人もいるかもしれません。

デュアルモニターにすれば、サブモニターで配信や動画を開きながらゲームをすることができます。音量の管理や再生の管理もPC上でできるので非常に便利です。

攻略情報を見ながらゲームをする

ゲームによっては攻略情報やゲームの仕様を確認しながらプレイしたいこともあるかと思います。

そんなときはサブモニターに攻略情報や仕様を開きながらプレイすることで、プレイしながらそれらを確認してプレイすることができます。

デュアルモニターのデメリット

ここまでデュアルモニターのいいところばかりを紹介してきましたが、いくつかデメリットも存在するので紹介しておきたいと思います。

物理的なスペースが必要

モニターを横に2つ並べるだけで結構横幅を取ります。横に並べたい方は横幅120cm以上のデスクを使うことをおすすめします。

横幅120cm以上のデスクを持っていない方は、サブモニターを縦にしたりモニターがデスクからはみ出ることを想定してデュアルモニターを導入することをおすすめします。

お金がかかる

モニターは安いものではありません。ゲームを快適にプレイしたいとなるとなおさらです。また、モニターアームを導入する場合は、さらにお金がかかるでしょう。

ただ、ひとつ紹介しておきたいこととして、サブモニターに関しては最低限の性能のモニターで十分という点です。

なぜなら、サブモニターでゲームをプレイする機会はほとんどないので、高性能なモニターを使ってもあまり意味がありません。

多くの実況者や配信者もサブモニターの性能はメインモニターの性能よりも劣っているものを使っている人が多いです。

逆に、今使っているモニターの性能があまり良くないという方は、良い性能のモニターを購入して、今使っているモニターをサブモニターで仕様するのも良いでしょう。コスパ最強のモニターアーム

おすすめのモニターとモニターアーム

最後に筆者も使っているおすすめのモニターとモニターアームを紹介させていただきます。

コスパ最強のモニター

コスパ最強かつ、多くのゲーマーに愛されるメーカー、BenQの定番モニターです。

BenQ GW248

Amazonで探す

コスパ最強のモニターアーム

モニターの配置を柔軟に変えられるデュアルモニターアームです。

Eono デュアルモニターアーム

Amazonで探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。